赤ちゃんの肌は予想以上にデリケート

赤ちゃんの肌は全身とてもぷくぷくしていて「赤ちゃん肌」「タマゴ肌」と形容されているほどキメが細かく、理想の美肌といえます。

肌が綺麗に見えるのは肌に保持されている水分量と皮下脂肪が多く紫外線などの外的刺激がないために、キメが細かく透明感があるのです。

そんな赤ちゃんの肌ですが、とってもデリケートにできています。
新陳代謝が活発で、大人の何倍ものスピードでターンオーバー(新しい肌に生まれ変わっている)しています。透明感があったとても綺麗ですが、その見た目の通り表皮はとても薄く、バリア機能が未発達なためすぐに乾燥してしまいます。

乾燥するなら湿度に注意してしっかり保湿してあげればいいと思われるかもしれません。
その意見は正解ですから問題ないのですが、「赤ちゃん肌の保湿」について勘違いしている方も少なくありません。

赤ちゃんには赤ちゃんの肌のために考えられた保湿剤でしっかりケアしてあげましょう。
⇒ 赤ちゃんでも安心な保湿剤は?