9月1日は防災の日 防災対策は大丈夫ですか?

9月1日は防災の日ということを知っていましたか?
「~~の日」だったり「~~記念日」というのは、その由来がわかりやすいものですが、
この防災の日がなぜ9月1日なのかわからないという人は多いようです。

実際、テレビ番組で司会を務める某タレントも解説員からツッコミをされて
初めて知ったと言っていました。

では何故9月1日が防災の日なのかというと、それは「関東大震災があった日」です。
1923年の9月1日に関東一帯を襲う大震災がありました。

当時、地震後に大火災が発生し多くの方が命を落としました。
地震後の火の元への防災対策がまったくできておらず、二次災害による被害を食い止めることができませんでした。
二次災害による被害のほうが甚大ということを理解して、しっかり意識しなくてはならないのです。

関東大震災が起こったのは100年近く昔で文明も進んでいない時代でしたから
無理もありませんが、当時の被害を教訓にして地震や火災・水害・台風に対する
災害対策を徹底しようということで60年に制定されました。

毎年この日に消防設備 防災意識を徹底しましょう。