本格的な断裁は専門業者で

布やビニール、紙などを自分でカットするのは手間が掛かる作業ですね
枚数が多いと寸法にバラつきが出たり大きさによっては場所が必要だったりします。
そんな時は専門業者に依頼してみてはいかがでしょうか?

裁断業務を生業にしている専門業者が東京にあります
そこでは、ロール状の生地をそのままの形でカットする輪切り(スリッター)や
平らな素材を寸法精度をだしてカットする直線的な裁断、曲線形状にカットする
金型とプレス機を使用する曲線裁断など多種多様な方法でカット、裁断してくれます

お問い合わせお見積もりは無料ですので、ご興味のある方は下記に連絡してみてください。

切る事なら何でもお任せください!
ハサミで切れる素材でしたらどんなものでもカット・断裁が可能です!
1枚、小ロット、短納期(即納)大歓迎です!
フィルム全般、ビニール、オレフィン、紙、PP、硬質、
不織布、ターポリン、布、遮光フィルム、ガラスフィルム、
省エネフィルム、断熱フィルムを精密に裁断致します

裁断の専門家
(有)紅日ビニール工業所
http://kounichi.blogspot.jp/

生活

華やかな芝桜で彩り豊かな春を満喫しませんか?

春といったら桜ですね。
4月の桜の開花時には各地でのお花見が開催され、
人気のお花見スポットは場所をとるのも困難なほど多くお花見客が詰めかけます。

ところで、桜は木の枝部分に花がなる落葉広葉樹ですが、
ポット苗やマット苗を地面に植えることで鮮やかな色彩を楽しめる芝桜をご存知でしょうか。
芝桜は施設の庭園や広場の傾斜部分などで
見たことがあるという方もおられるのではないでしょうか。
白やピンク、紫のコントラストが見るものの目を楽しませてくれますね。

この芝桜は、ダニエルクッション、リトルドット、アトロプルプレア、
スカーレットフレームなどの種類に分かれていて、それぞれ成長の早さ・難易度が違います。

育つ早さが違う組み合わせを混ぜてしまうと、開花している品種としていない品種が
混ざって見た目が良くないので、開花時期がほぼ同じ品種に統一するようにしましょう。

似たような成長をする品種としては、ダニエルクッション、リトルドット、
スカーレットフレーム、モンブランの組み合わせがよいでしょう。

この組み合わせは、濃い桃色、白色、赤色、白色なので見た目が
とても鮮やかになるのでおすすめです。

生活

子メーター┃電気メーター交換┃証明用電気計器の新設

電気子メーターとは、電力会社が所有管理するメーター(親メーター)では無く、
貸しビルやマンションに設置されており、大家さんと各入居者(テナント)との間で
電気の使用計量(使用料金の請求のために。)に使用されている電気メーターのことです。

denkimeter証明用電気計器には有効期限
(一般的には10年)がありますが、有効期限が過ぎたまま、違法状態で、毎月の検針に使用されているケースが少なくありません。

それは、物件オーナー様の大事な財産であるビルやマンションの資産価値を落としているばかりではなく、コンプライアンスや法人の場合には、
企業モラルを疑われます。

昨今では、電気料金の急激な高騰や今後も値上げが予測される中、入居者が有効期限切れを発見し、オーナーとトラブルになるケースが増えています。

そのような背景もあり、証明用電気計器専門業者への、ビルオーナー様より、電気メーターに関するご相談やお問い合わせが急増しています。

例えば、

「電気子メーター1台あたりの価格を教えて欲しい。」

「有効期限切れを、テナントさんから指摘されたので、交換したいが、
電気工事費用はどのぐらいですか?」

「子メーターはどこで売っているのか?」

「電気メーターの相場価格はどのぐらいですか?」 など。

電気子メーターの種類は多数あり、機械式電気子メーター、電子式電気子メーター、
スマートメーター、パルス発信装置付電気子メーター、変成器付電気子メーター、、、、、。

また、仕様も多種多様で、単相2線式(30A)(120A)┃単相3線式(30A) (120A) (200A)┃単相3線式(変成器付)┃単相3線式(変成器付および埋込みタイプ)┃3相3線式(30A) (120A) (200A)┃3相3線式 (変成器付)┃3相3 線式(変成器付および埋込みタイプ)┃3相4線式等もあり、専門業者で無いと特定も難しいです。

【ご参考情報】

電力会社所有の親メーターには、メーターの右下の銘板の部分に 『 電 』 の表示がありますが、
子メーターにはその部分に表示はありません。
一般的に、電気子メーターは物件所有者の管理責任です。

証明用電気計器(子メーター)に関するご相談やご質問なら、証明用電気計器の専門商社
モバクル株式会社がおすすめです。

期限が切れた状態で何年間も放置されていたような物件では、
訴訟までになっても勝ち目はありません。 
結局、入居者が納得される条件で和解する以外はないでしょう。
そのようになってからでは、子メーター交換費用だけでなく、
過去の電気料金を返金する事態も考慮しなければならず、経済的、法的にも大きなリスクなのです。

例えば、12年前に有効期限が切れている子メーターをテナントさんが発見してしまい、
「12年間支払った電気料金は不正だ!!」 と主張されれば、12年前にさかのぼって、
当時の電気料金 (その時代の1kwhは何円だったかを詳細に調べて) を再計算し、
請求した金額が適正だったかどうかを、オーナー側で証明しなければなりませんが、
現実問題として困難な作業です。
まして、テナントさんが複数件おられれば、それだけでも大変な作業(コスト)です。

電気子メーター交換┃証明用電気計器の設置┃電気工事の御相談はこちら!

生活