男性が惹かれる女性の魅力とは

男性が女性に対してドキッとする瞬間はどんなときかご存知でしょうか。
多くの方は、見た目の美しさや可愛さ、スタイルなどを挙げるかもしれませんね。
もちろんそれは正解です。
見た目が第一印象となりますから、この時点で恋愛の対象になるかを決めてしまう男性もいます。
しかし、もし見た目の魅力が理由で交際をスタートした場合、その評価は減点方式となります。
減点方式といってもなんのことやらわからないと思いますが(爆)
要するに、スタート時点が満点なわけです。
どんどん悪いところが露呈するたびに、どんどん減点されて萎えるわけです。

このような交際をあなたは求めているでしょうか。
着飾ったハリボテの状態を無理して維持するのは疲れませんか・・・?

「本当に好きな男性と長く付き合って行きたい」
「自然体の自分を好きになってほしい」
このように考えているのなら、まずするべきことは“女子力を磨くこと”です。

さりげない気遣い、繊細な気配りは女性らしさの象徴といえます。
ほんの些細なことで良いのです。
ほんのちょっとのことが積み重なってジワジワと印象が脳裏に焼き付きます。
つまり減点方式の逆、加点方式となるわけですね^^

女子力を磨いて、見た目以上に重要な部分を高めていきましょう!

女子力アップの方法|美容やコスメ・女子力アップ情報サイト

あなたの恋愛観は?

恋愛観は立場や理想形によってそれぞれバラバラだと思いますが、
大前提として「幸せになりたい」という目的は同じですよね?

例として、片思いの相手がいる場合、
「好きな彼(彼女)と一緒になれたらいいなー」
「二人っきりで夜をすごせたら・・」
等など、、好きな人ができると付き合う前からいろんな妄想に浸ると思います。
妄想しているときというのはいちばん幸せなひとときかもしれませんが、
やっぱりどうにかして思いを遂げて付き合いたいですよね?

嫉妬も恋愛の形?

晴れて付き合えたとして、相手を束縛してしまうことってよくあると思います。
素直に好きな感情が大きいから相手を束縛してしまうのでしょうけど、
束縛したい気持ちになったときにちょっと考えてみてください!
それはあなたの求めていた恋愛の形でしょうか?
思い描いていた理想の形ではそんな歪んだ恋愛の形ではなかったはずです。

忘れそうになった時、考えが歪んでしまいそうになった時、
今一度初心に立ち返ってみましょう。

にゃんかふぇ恋愛ちゃんねる|恋愛ならキュン速

婚活といってもなにをどうしたらいいの・・・?

「学生時代とちがって出会いがまったく無くなった・・」という社会人の方が多いようです。
サラリーマンの多くは、会社に女性がいたとしても距離感があり、同僚以上の関係には
なりずらいですし、そもそも恋愛の対象にならないという人が多いようです。

学生時代よりも金銭的には余裕ができますが、
仕事に追われる生活で出会いも全然無い生活になってしまうわけですね。

20代、仕事に打ち込むことは素晴らしいですが、女性の場合はそうも言ってられません。
20代で結婚できないと行き遅れ扱いになってしまい、尚更出会いの可能性が狭まって
しまいます・・・

そこで便利なのがネットでの出会い。
出会い系サイトはちょっと抵抗があるという方が多いかもしれませんが、
「大人の婚活」や「大人専用の出会い」というテーマのサイトが最近では増えてきました。

同じ悩みを持って集まっている場所なわけですから、どんどん出会うことができます。
純粋に結婚相手となる人と出会いたいという方にはぴったりですね。

婚活ブログを参考にして是非「ネット婚活」を始めてみましょう!

恋愛経験のない私がコミュ症を克服

私は友達がほとんどいないし、彼女なんて一度もできたことがない(もちろん童貞)男です。
友達も学生時代に数人いたくらいで、社会人になってからはその友達達とも疎遠になって
しまいました。休日には目が覚めた時から眠くなるまで一日中ゲームしながらニコ生を
見るだけの日々です。社会人になると同僚の女の子と付き合ったり、
合コンなどをする機会も増えるようですが、わたしはコミュ障なので
そういうのが自信がなくて、誘われてもなにか適当な理由をつけて断り続けてきたんです。


だって人と話すときに目も合わせられませんし、
まして女性になると話すだけで体が震えてきます・・

同級生はみんなどんどん結婚して、すでに子供がいる年齢になったというのに、こんなことではいつまでたっても結婚なんて夢のまた夢です。人とまともに喋ることもできないのですから彼女すらできないと思います。
そこで、少しでも人間とコミュニケーションをとる練習になればと、昔の友人にコンタクトをとってスカイプで話すことから始めてみました。
レンタル彼女を利用して女性に対する抵抗感も訓練?しました。

コミュニケーション障害はすぐに克服できるものではないので
時間はかかりそうですが、自分的には以前に比べると
ぜんぜんマシになった気がします。