ペンギンアップデート以降のSEO対策は

「外部リンク対策の効果は希薄になった」
「自演被リンクを増やすより内部の充実を図るべきだ」
これは、昨今のSEO対策に対する世間の流れです。

ペンギンアップデート以前は自作自演の被リンクを増やしさえすれば
大抵のキーワードで上位表示することができましたが、
グーグルのアルゴリズムがどんどん高性能になり、検索者が求めている情報が
掲載されているサイトが上位表示されるようになりました。
要するに外部対策だけで上位表示を目論んだサイトは
排除されるようになったのです。

では、SEOの外部リンク対策は意味がなくなったのでしょうか。
答えはNOです。

リンク集などの“意味があるのか疑わしいリンク”は評価されませんが、
リンクされるべくしてされているリンク。本当に意味のあるリンクは
評価されます。

短期間では意味がない

被リンクを獲得しようとして闇雲にリンク集などに登録する方が多いですが、
短期間のリンク掲載では効果を得られません。
グーグル側がリンクを認識するまでにはある程度の期間がかかるからです。

リンクジュースが弱くならない(流れない)ページにリンクが掲載され、
さらに長期間掲載されるのが最も望ましいのですが、リンク集などは
登録順やページランク順に掲載ページがどんどん流れていってしまうので
効果がどんどんなくなっていってしまいます。

リンク効果を得たいのであれば、掲載位置が流れずにリンクジュースが
充分に得られる月極のサービスを利用すると良いです。


【月極SEOサービス】
↓↓↓
SEO対策 | 最新のSEO サービスはケーズクリエイト