目からうろこのコスト削減方法

私は印刷会社の事務職をしているのですが、倉庫やオフィスが広いせいもあって
暖房や冷房の設定具合に苦慮します。

いちばん困るのが冬。
エアコンをガンガンにかけても温かい空気は上にいってしまうので足元はぜんぜん温まらないんです。
とても寒いので設定温度を上げますが、キーボードを打つ手が悴んでしまって誤字を連発するほど。
ファンヒーターを足元に置いたりサーキュレーターで空気の循環をしてみたりもしましたが、
スペースが広いところだと空気がこもらないのでほとんど意味がないんですよね。

上司にかけあっても、ずっとこうだからという理由でとりあってもらえず、
個人で各々足元に電気ストーブやマットを敷いてしのいでいたのですが、
先日たまたまインターネット検索で間仕切りカーテンというものを発見したんです。

カーテンといっても透明のビニールでできていますから、間仕切りカーテンで視界が遮られてしまうこともなさそうです。

これでオフィス内を何個かの区画に分けてしまえば暖房効率は飛躍的に上がりそうですね。
ビニール製なのでコストもそんなにかからないみたいですし、これはいいアイデア!

早速上司に導入するようにかけあってみたいと思っています。

間仕切りカーテンで節電・コスト削減!