資金調達の方法とは?

これから事業を開始しよう、起業してみよう、と思っている人が結構多いことに嬉しく思います。

でも、事業を開始するにはそれなりのお金が必要ですよね。お金はどうやって手にするのか。一般的には自己資金をためるか、金融機関から融資を受ける、投資家から出資してもらう、補助金や助成金を受けるなどのことが考えられると思います。
しかし、最近ではクラウドファウンディングという新しい資金調達の方法もありこれから注目を集めていきそうな気がしています。これは所謂“ファン”から少額の出資を受けてその資金を基に事業を開始するものです。出資の見返りとしては配当ではなく“お土産”のようなものを提供することが多いです。

銀行からお金を借り入れる際にも、投資家から出資を受ける際にも、そしてクラウドファウンディングを受ける際にも重要になってくるのが「事業計画書」です。事業計画書の内容は何を誰にどのように提供し、どのくらい利益が生まれる事業なのかを明瞭に記載することを重視しましょう。